婚活トピックス

婚活トピックスTopics

恋愛テクニックや出会い、婚活などに関するお役立ち情報、婚活業界が分かるニュースを掲載! 幸せになるためのヒント、婚活で知っておきたいノウハウや成婚のコツもたくさん配信しています。

コロナ禍での婚活事情とマスクに見える男女のこだわり

コロナ禍での婚活事情とマスクに見える男女のこだわり

■コロナ禍における恋愛事情とは

コロナの影響で、「新しい出会いが減っている」「デートができない」といった話を耳にします。

ソーシャルディスタンスやマスクの着用など、新しい生活様式が求められる時代にあって、婚活はどうなっているのでしょうか。

既存のカップルにおいては、よからぬ影響も聞こえてきます。たとえば、リモート授業の影響でキャンパスに行く機会がなくなり、一方が実家に戻るなどして遠距離恋愛となって自然消滅した学生カップルは多いです。社会人カップルも同様です。「リモートワークの導入で職場恋愛中のカップルが会う機会を失った」「職場で会食禁止を言い渡されデートがしにくくなった」「自分が職場での感染者第一号になるのを恐れて会わなくなった」という方も少なくありません。

その結果、別れてしまったカップルは多いです。せっかく婚活で出会ってもデートができずに別れてしまうと考えると、婚活には消極的になってしまうかもしれません。

コロナ禍において、結婚することに抵抗を感じたり、不安を覚えたりする方がいるはずです。主に下記の理由ではないでしょうか。

・結婚式が何度も延期になった
・里帰り出産が難しい
・立ち合い出産が禁止され、一人で産まなくてはならない
・妊婦が感染するとあぶない

結婚されている方の実体験をテレビやネットで聞くと、今は婚活の時期ではないかなと考える方もいるでしょう。「テレワークで一緒にいる時間が増えたことに比例して夫婦間での喧嘩が増えた結果、コロナ離婚をした」なんて話を聞けば、なおさら足踏みしてしまいます。

ただ、別れたカップルが増えているということは、一人になって寂しくなった男女が増え、出会いのチャンスが増えたと肯定的に捉えることも可能です。

またコロナの時代だからこそ、結婚に踏み切る人もいるのは事実です。外で会うことが難しくてデートができないなら、結婚すればずっと一緒にいられるという選択もあります。

俳優の瀬戸康史さんと山本美月さんの若いカップルや、松坂桃李さんと戸田恵梨香さんの電撃婚、大きな話題を集めた星野源さんと新垣結衣さんなども、コロナ禍において入籍されています。

お嫁さんにしたい女優さんナンバーワンの座に長く君臨し続けていた石原さとみさんは、一般会社員と結婚しましたが、その理由として、「テレワーク中の彼がかっこよく見えた。頼もしかった。」と答えています。

テレワークがキッカケで離婚するカップルもいれば結婚するカップルもいるので、人はそれぞれであり、考え方次第だといえるのではないでしょうか。

■コロナ禍で婚活はどうなった?

とあるアンケート調査で、25~39歳の未婚男女にアンケートを実施したところ、結婚や恋愛に意欲があると答えた380人のうち、最初の全国的な緊急事態宣言が出された2020年4月~2021年3月の1年間の間に交際をスタートした人は39.2%と約4割に上りました。
コロナの影響が極めて限定的であった、前年の調査では交際スタートしたと答えた人は42.9%であったので、新たな恋愛のスタートという点ではコロナの影響は限定的といえるのではないでしょうか。
実際問題、コロナ禍なのに婚活を始めて、交際に至った理由として、コロナ禍でも婚活をしようとする人は真剣に考えている人が多く、それ以前より、親に言われて仕方なく婚活している人や、友達に誘われて仕方なく合コンに来る人や、興味本位で婚活パーティーに参加している人が減り、出会いの質が上がって、結婚に向けた交際につながりやすいという意見があります。

■コロナ禍における婚活の手段

では婚活の手段としてどのような方法が選ばれているのかというと、マッチングアプリを使っている人が増えています。

緊急事態宣言などの影響から、結婚相談所が一時的に営業自粛をしていたり、毎晩のように開催されていた大規模な婚活パーティーの機会が減ったりしています。またステイホームが求められ、リモートワークで外に出る機会が減ったことも要因です。

コロナ禍で婚活意欲に目覚めたという人も少なくありません。終電まで残業の毎日で、婚活に興味があっても時間のゆとりがなかったという方が多かったからです。リモートワークになったことで時間ができ、心の余裕が生まれた人は多いでしょう。

新たな婚活参入者が増えることは、婚活でなかなか相手が見つけられなかった方にとってはチャンス到来です。これまでのように、マッチングアプリで出会って直ぐに会うという流れにもならず、メッセージのやり取りをとことん行ったうえで、お互いしっかり感染対策をして会うといった流れになるので、実際に会うときにはお互い気持ちが決まっているというケースも増えています。

一方、会う約束をしようとすると「緊急事態宣言中だから会えない」「会社で会食を禁止されているから会えない」「ワクチン接種してからでないと会えない」と、毎回理由をつけて断られるという話もあります。

コロナ禍においては、どれも正当な理由ではありますが、何度も断られると、やっぱり嫌われているのかなと不安になかったり、サクラではないかと疑ってしまったり方も少なくありません。

■マスク婚活

コロナ禍で実際に顔を合わす婚活として、最近はマスク婚活を行う人が増えています。マスク婚活の人気に比例して、結婚相談所を利用する人が増えてきました。

マスク婚活をコロナに配慮して行うには、多くの人が集まる婚活パーティー形式ではなく、1対1のお見合い形式がおすすめです。

結婚相談所の部屋で行う場合は、アクリル板とフェイスシールドで顔が見える形が行われることも少なくありません。一方、ホテルのラウンジやカフェなどで会う場合には、マスクお見合いとなるケースが多いです。

結婚相談所やお見合いの場所によりセッティングは異なるので、事前に確認しておきましょう。

■気になるマスク事情

コロナ禍において、マスクは欠かせないアイテムです。

婚活中の男女の一定数は、デート専用のマスクを準備しています。女性にいたっては勝負マスクを用意しているという話もあります。レースのついた華やかでキュートなマスクを用意する人をはじめ、マスクを取る機会に備えて、化粧落ちが少ないマスクを準備する女性が多いです。

一方男性も、明るく爽やかな色のマスクや、着ている服に合わせてコーディネートした色のマスクを用意しているという人もいます。形がスッキリしていて顔がシャープに見えるものや知的に見えるものを選んでいるという人、ゴムが伸びきっていないなど、清潔感にも気を配っているという男性も少なくありません。

婚活中やお見合い時のマスクで気を付けたい点も見えてきました。

それは、男女ともに相手が黒いマスクをしていると印象がよくないと思う点です。「黒マスクはかっこよく見える」「若い男性に人気」といったイメージがありますが、婚活やお見合いにはNGです。

とくに女性は黒マスクを嫌う人が多く、また柄の入ったマスクも好まないということです。白やベージュ、薄いグレーや淡いブルーなど、ベーシックで清潔感のある色のマスクをつけると、お相手に好印象を与えられそうです。

結婚相談所アモーシェでも、相談時やお見合い時の感染症対策を行っております。コロナ禍でもあっても婚活を円滑に進められるよう、好印象を与えるマスクのアドバイスなど、親身に相談に応じています。ぜひ、ご相談ください。